妊娠線予防はいつから対策すればいいの?

マタニティ雑誌やインターネットの情報でもよく見かける妊娠線。

早めに妊娠線の対策をしたほうが良いと書いてあるけど、
いったいいつからどんな方法で予防をしたほうがいいの?

初めての妊娠だと、妊娠線予防をいつから始めたら良いのかわかりませんよね。
妊娠線は人によってできる時期が異なります。

発生時期や発生場所の個人差が激しい妊娠線だからこそ、いつからどんな方法で予防をするのがベストなのかを確認していきましょう。

妊娠線はいつからどこにでき始めるの?

妊娠線ができた先輩ママの約80%の方は臨月の時期か臨月の直前に妊娠線を発見しています。

妊娠後期に発覚する妊娠線の多くはお腹の下部分。
ふとしたときに下腹部の辺りにすいかのように縦線が何本も入っているのに気が付くようです。

また、この時期は乳腺が発達してきてバストが元のカップより1サイズ〜2サイズ大きくなってくる時期でもあります。
お腹だけにできると思われている妊娠線ですが、臨月に入る頃にバストにも妊娠線ができることもあるので要注意です。

妊娠8ヶ月〜出産にかけてのお腹とバストがもっとも大きくなる時期が妊娠線ができる確率の上がる時期となっています。

でも、妊娠前に痩せた体系であったり皮膚が柔らかくない体質の方もいるので、早い人だとほんの少しお腹がふくらむ妊娠初期や4ヶ月・5ヶ月の時期にできる場合も。

基本的には妊娠後期〜出産にかけてが最も妊娠線の出来やすい時期ですが、妊娠が発覚した時点から妊娠線ができるリスクがあるのだと言うことを覚えておきましょう。

妊娠後期に間に合わせるにはいつから予防を始めたらいいの?

妊娠後期の妊娠線が出来やすい時期までに妊娠線が出来ない肌を作るには直前の対策では間に合いません。

20代〜30代前半の方の肌は通常28日の周期で細胞が生まれ変わり、健康な伸縮性のある肌に生まれ変わります。

しかし、妊娠時という特殊な状況下では肌の再生機能がうまく働かず、
伸縮性のある肌を作り上げるのに時間がかかってしまうのです。

ではいつから予妊娠線予防を始めたらいいのか。

おすすめの予防開始時期はつわりがなくなってすぐの時期である4ヶ月目からです。

妊娠線が出来ない肌を作り上げるのに妊婦さんは最低でも4ヶ月はかけないと不安が残ってしまいます。

つわりが軽かったりなかったりする場合は妊娠が発覚した直後から予防を開始することをおすすめしますが、なかなかそうは行きません。

いつから予防したらいいのか悩んだら予定日の6ヶ月前の日にちを目安に妊娠線予防を開始してください。

ただ、高齢出産や妊娠線のできやすい体質の方はもっと早めのケアを始めるのがおすすめです。

妊娠線予防はいつから始めたらいいんだろう?

そう考えている間にも赤ちゃんとあなたの体はどんどん変化をしていきます。

高齢妊娠や肌が乾燥気味の方など、妊娠線のできやすい条件の整っている方は早めの予防がおすすめです。

妊娠線予防には妊娠線クリームがおすすめ

早めの妊娠線対策と言っても、妊娠線予防をするためのアイテムには様々なものがありますよね。

そんな中で、当サイトでは妊娠線予防に使うアイテムの中でも妊娠線クリームを使った予防方法をおすすめしています。

理由はいたってシンプル。妊娠線予防クリームは
・肌の水分補給ができる
・肌の伸縮性を高めることができる
・肌の水分を逃がさない
・使い心地が良い
という妊娠線予防に欠かせない4つの要素を持っているからです。

妊娠線予防クリームは赤ちゃんに栄養を送ることでお肌のケアができないお母さんの肌の成長をサポートするものです。

オイルやローションでは使い心地に問題があったり、この4つの効果を全て得ることはできません。

妊娠線を予防する為には、お腹のふくらみに耐えることができる肌を作ることが大前提ですので、使い心地以外の3つの効果を網羅できる妊娠線クリームがおすすめです。

妊娠線予防クリームおすすめランキング

妊娠線予防の為に必要な成分をたっぷりと配合した人気妊娠線クリームをランキング形式で紹介しています。

お金をかけすぎてもいけませんが、コストばかりを気にしていたら妊娠線予防を完璧に行うことはできません。

しっかりと自分で納得のいくクリームを見つけてみてください。

※ランキングは妊娠線クリームの成分や価格をスコアリングして作成しています。ランキングの下部にスコアリングの表を乗せているので気になる方は参考にしてください。

ランキングの根拠


妊娠線クリームランキング

 

ベルタマザークリーム


単品価格 6980円(税込)
送料無料
定期価格 初回500円(税抜)
2回目以降4980円(税込)
送料無料
購入者サポート 有り 定期縛り 6ヶ月
妊娠線予防有効成分 17種類配合 添加物の有無 8種類無添加
シャネル/ランコム/イブ・サンローランなど海外の有名高級ブランドの化粧品に含まれる妊娠線に有効とされるな成分シラノール誘導体を配合したベルタマザークリーム。
シラノール誘導体は、お肌の土台である真皮層のコラーゲンを作り出すのを助けてくれる効果があります。

妊娠線ができるのはお肌の真皮層からで、この真皮層はコラーゲンの生成がしっかりとできていないとすぐに裂けてしまいます。
ベルタマザークリームは、真皮層に働きかけるだけでなく、妊娠線予防や妊娠線ケアに有効といわれている美容成分(ヘスペリジン・葉酸・コエンザイムQ10など)を豊富に含んだ妊娠線クリームです。

定期購入の縛りが6ヶ月となっていますが、妊娠線予防は妊娠4ヶ月の時期から始めるのが一般的なので出産までの期間をちょうどカバーできることになります。
半年でかかるコストは25440円なので、こんなにも妊娠線に有効な成分がこれだけ入ってこの値段は妊娠線クリームの中でも破格の部類に入るはずです。

妊娠線クリームの購入に迷っているなら一度公式HPを見てみるといいかもしれません。


 


AFCストレッチマーククリーム


単品価格 2800円(税抜)
送料無料
定期価格 初回1400円(税抜)
2回目以降2240円(税抜)
+送料
購入者サポート 有り 定期縛り なし
妊娠線予防有効成分 4種類配合 添加物の有無 3種類無添加
コストパフォーマンスの良い妊娠線クリームとして楽天ランキング堂々の1位に君臨するAFCストレッチマーククリーム。
女性100人の声から生まれた妊娠線クリームのAFCストレッチマーククリームは、妊娠中のお母さんのお肌の悩みを解決する為に生まれたマタニティクリームです。

妊娠線に有効な成分を含み、低価格で効果の期待できるクリームとして人気を誇っています。
妊娠線予防に対する効果もある程度期待できるクリームですが、価格が低いことからもし妊娠線ができても諦めがつくといった声のある妊娠線クリームです。

定期購入で半年間使い続けると16147円(税込)のコストに抑えることができます。
まずはお試ししてから妊娠線クリームを選びたいという方は無料お試しサンプル(2回分)も注文することが可能です。

妊娠線クリームってどんな感じなんだろう?と気になっている方におすすめの妊娠線クリームです。


 


NOCOR

妊娠線予防クリームはいつから使えばいいの?

単品価格 6480円(税抜)
+送料
定期価格 定期なし
まとめ買い割引有り
購入者サポート 有り 定期縛り 定期なし
妊娠線予防有効成分 12種類配合 添加物の有無 10種類無添加
妊娠線を消す効果があると人気のNOCORアフタートリートメントクリーム。
妊娠線を消すのにはお肌の再生機能を高める必要があります。

NOCORはお肌の再生機能を高めるEGFやFGFを含んだ妊娠線クリームなので、表皮や真皮の回復にとても効果的なクリームです。
妊娠線予防にも表皮や真皮の細胞を活性化させることは大切なケアとなるので、もちろん妊娠線の予防にも使用することができます。
特に初産で妊娠線ができて、2人目・3人目の妊娠のときに予防と妊娠線のケアを同時に行いたいならNOCOAがおすすめです。

定期購入がないのでまとめ買いによる購入が最も安く購入できますが、1度に大きな金額を支払うところになるのが少しネックです。
3本まとめ買いで2セット購入すると37670円かかることになります。

ランキングの根拠
当サイトで紹介している妊娠線のランキングは、妊娠線の成分や価格からスコアリングを行って作成しています。
当サイトで紹介しているの3つのクリームなので、1〜3ポイントでスコアリングを行いました。
合計の最も大きかったベルタマザークリームがランキングの1位となっています。
以下妊娠線クリームのランキングに使用したスコアリングの表です。

  ベルタ AFC NOCOR
価格
(半年購入)
2p
25440円
3p
16147円
1p
37670円
価格
(単品購入)
2p
6980円
3p
3024円
1p
6998円+送料
有効成分の種類 3p
14種類
1p
4種類
2p
12種類
妊娠線への効果が
認められている成分
3p
シラノール誘導体
ヘスペリジン
コエンザイムQ10
葉酸
2p
ヘスペリジン
葉酸
2p
EGF
FGF
半年間購入と
単品6回購入の場合の
得する金額
3p
16440円お得
1p
1997円お得
2p
7558円お得
ポイント合計 13p 10p 8p

妊娠線クリームランキングに戻る


妊娠線予防は保湿クリームでは不十分?

妊娠線クリームは値段が高いからできれば保湿クリームで妊娠線予防をしたい。

そう思っているママも少なくはないと思います。

確かに、妊娠線クリームを使用して妊娠線予防をしようと思うとどうしても出産までにかかる費用は1万円を超えてしまいます。

でも、保湿クリームで妊娠線予防を開始する前にちょっとだけ考えて見てください。


妊娠線クリームが妊娠線予防に効果的なことはここまでの内容でよくわかったと思います。

では、保湿クリームが与える妊娠線予防の効果っていったいどんなものなのでしょう?


保湿クリームがお肌に与える効果は
・水分補給
・お肌の水分を逃がさない為の保湿
の2つです。


妊娠をする前の健康な乾燥気味のお肌なら保湿クリームの効果でお肌の調子を整えることが可能でした。

でも、今のあなたは妊娠をしています。


妊娠中のお肌は通常のお肌とは異なり、どちらかというと不健康な状態にあります。

その為、いくら水分を与えてあげてもお肌が元気になるには時間がかかってしまいます。

妊娠線予防に必要なことは、元気なお肌を保つこと。

お肌の細胞同士のつながりを強くして、ターンオーバーを促進させることで妊娠線のできにくいお肌を作ることが大切です。


やせ細った土に水をあげても元気な花は咲きませんよね。

ちゃんと肥料をあげて栄養たっぷりの土だからこそ綺麗な元気な花が咲きます。

それと同じで、妊娠線ができにくい肌を作るにはお肌に栄養をあげることがとても重要になるんです。


栄養なら食事で採れば良い。
そう思うかも知れませんが、あなたの食べたご飯の栄養はほとんど赤ちゃんのところにいってしまいますよね。


妊娠中のママのお肌が不健康な状態にあるのは、ママのお肌に食べた食事の栄養がいきわたらないからなんです。

だったら外からのケアでお肌にピンポイントで栄養を送ってあげたら効率的だと思いませんか?


保湿クリームではお肌に栄養を送ることはできません。

栄養を送ることができない保湿クリームは、妊娠線予防としては不十分だといえるのです。

妊娠線に関するコラム

妊娠線予防はクリームを使っていれば絶対にできないと言うものではありません。予防の為にはクリームを使うほかにも妊娠線が出来ないようにしっかりと対策をしておく必要があります。そんなクリーム以外の妊娠線予防対策や、なんで妊娠線予防を早めにしておいたほうが良いのかなどの妊娠線に関わる情報を紹介しています。

妊娠後期からでは遅い
妊娠線対策は妊娠後期から始めるのでは間に合いません。妊娠線防止クリームは、妊娠線が出来始めるころまでにしっかりと肌をお腹のふくらみに耐えれるようにするものですので、妊娠後期からのケアでは妊娠線が出来てしまう可能性は高いと言ええます。ですが、妊娠後期から妊娠線クリームを使ったケアをすることが無駄だというわけではありません。妊娠線クリームを使ってケアをしっかりとしていれば仮に妊娠線が出来たとして、妊娠線が消えるスピードを早くすることが出来るからです。肌の調子が良くなれば肌のターンオーバーの周期もしっかりとしたものになりますので、皮膚の回復が早くなります。妊娠中のママの肌はとても元気なものとはいえません。早めの妊娠線予防ケアでママの肌を元気にして妊娠線を作らないことも大切ですが、出来てしまった妊娠線を早く消す為にも妊娠後期からでも妊娠線クリームでしっかりとケアをしましょう。

ケアは早ければ早いほうがいい
一般的に妊娠線予防対策はつわりの終わる4ヶ月〜5ヶ月頃から開始したほうが言いといわれています。ですが、肌の調子を整えるのには時間がかかるので、妊娠線ケアは早ければ早いほど良いといえます。出来るならば妊娠初期から行ってほしいですし、無理そうなら安定期に入ってからでもかまいませんが、出来るなら妊娠中期に差し掛かるころには開始して妊娠線を作らないようにしたいですね。

オイルでの保湿は難しい
妊娠線を作らない為にオイルでケアをしている方も多いと思います。ですが、オイルは肌の水分を補充する機能がないってご存知ですか?オイルは肌内部にある水分を外に逃がさないようにする効果しかありません。なので、朝起きたときにオイルを塗ってもほとんど効果がないんです。妊娠線を予防するなら肌の水分を補填して保湿ができるクリームを使うことをおすすめします。

保湿クリームだと妊娠線は予防できません
妊娠線の予防方法として保湿クリームをおすすめしている先輩ママ方がいますが、保湿クリームでは妊娠線は予防できません。妊娠線を予防する為には皮膚の皮下組織である真皮の成長を促して上げなければいけないからです。普段の乾燥を防ぐスキンケアに使うハンドクリームやボディクリームなどの保湿クリームは皮膚の表面の表皮にしか浸透しないので、真皮には何の影響も与えてくれません。妊娠線は何もしていなくても出来ない人や、しっかりと予防をしていても出来る人がいます。もし保湿クリームで妊娠線が出来なかったといっている方がいたら、それはその人が妊娠線の出来にくい体質だったと思ってください。

体重の増加には注意して
妊娠線や肉割れなどの線状斑となる脂肪線は肌が急激に伸びたときやしぼんだときに表れます。妊娠線も、赤ちゃんの成長がとても早い為にお腹が急激に膨らむことで出来てしまうものです。ただでさえ赤ちゃんの成長で膨らんでしまうお腹は急激な体重増加が加わってしまうとなおのこと妊娠線が出来やすくなってしまいます。なので、妊娠中の急激な体重増加には気をつけましょう。*赤ちゃんの成長に栄養は必要なので、ダイエットをすることは絶対にやめてください。あくまで妊娠中の体重増加を10s前後で留めるくらいの気持ちで大丈夫でです。

妊娠線クリームで肌トラブルは改善します
妊娠中は肌が乾燥してさまざまな肌トラブルを起こしますよね。乾燥肌だったり敏感肌だったり。。。でも安心してください。妊娠線クリームでそんな肌トラブルは解決できるんです。妊娠線クリームはそのほとんどに補水機能と保湿機能を持っています。なので、乾燥から来る肌トラブルはどんな妊娠線クリームを使ってもほぼ解決します。でもオススメなのは美容成分を含んでいる妊娠線クリームです。美容成分が含んでいるということは肌の調子を整える機能があるということです。肌の機能がしっかりと回復すれば肌トラブルは起きませんから、万事解決ですよね。ある程度の肌トラブルは妊娠線クリームで解決できることを知っておいてください。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線クリームは高すぎるから効果がある。安すぎるから効果がないと言うことはありません。
肌の伸縮性を良くするための成分がバランスよく配合されており、刺激が少なく、使い続けることができるかどうかがクリームを選ぶときに重要なポイントです。
選び方の指標には様々なものがありますが、妊娠線は一生消えることはありません。しっかり自分の生活との折り合いを付けることと、効果がどれくらいあるクリームなのかということを吟味して、後悔を生まないようにしたいですね。

 

妊娠線についてはこのサイトでより詳しく紹介をしています。
参考:妊娠線を防止するクリームのおすすめはどれ?