妊娠線予防クリームはいつから使えばいいの?

妊娠線予防はいつから対策すればいいの?

妊娠線は人によってできる時期が異なります。
いつから妊娠線予防を行ったらいいのかと分からない方も多いと思います。しかし、「いつから?」という疑問にお応えするにはまずは妊娠線がいつから出来やすくなるのかを知っておく必要があります。

 

発生時期や発生場所の個人差が激しい妊娠線だからこそ、いつからの予防が大切なのかをしっかりと知っておきましょう!

 

妊娠線はいつからでき始めるの?

妊娠線ができた先輩ママの約80%の方は臨月の時期か臨月の直前に妊娠線が発覚しています。つまり、妊娠8ヶ月〜出産にかけてが最も妊娠線が出来る確率の上がる時期となるのです。
早い人だとほんの少しお腹がふくらむ妊娠初期や4ヶ月・5ヶ月の時期にできる方もいますが、妊娠前に痩せた体系であったり、皮膚が柔らかくない体質の方もいるので、基本的には妊娠後期〜出産にかけてが最も妊娠線の出来やすい時期と言うことを覚えておきましょう。

 

妊娠後期に間に合わせるにはいつから予防を始めたらいいの?

妊娠後期の妊娠線が出来やすい時期までに妊娠線が出来ない肌を作るには直前の対策では間に合いません。
20代〜30代前半の方の肌は通常28日の周期で細胞が生まれ変わり、健康な伸縮性のある肌に生まれ変わります。しかし、妊娠時という特殊な状況下では肌の再生機能がうまく働かず、伸縮性のある肌を作り上げるのに時間がかかってしまうのです。
ではいつから予防対策を始めたらいいのか。
おすすめの予防開始時期はつわりがなくなってすぐの時期である4ヶ月目からです。妊娠線が出来ない肌を作り上げるのに妊婦さんは最低でも4ヶ月はかけないと不安が残ってしまいます。つわりが軽かったりなかったりする場合は妊娠が発覚した直後から予防を開始することをおすすめしますが、なかなかそうは行きません。

 

いつから予防したらいいのか悩んだら予定日の6ヶ月前の日にちを目安に妊娠線予防を開始してください。

 

妊娠線予防に妊娠線クリームがおすすめな理由

このサイトでは妊娠線予防に使うアイテムの中でも妊娠線クリームを使った予防方法をおすすめしています。理由はいたってシンプルで
・肌の水分補給ができる
・肌の伸縮性を高めることができる
・肌の水分を逃がさない
・使い心地が良い
という4つの理由があります。
オイルやローションでは使い心地に問題があったり、この4つの効果を全て得ることはできません。妊娠線を予防する為には、お腹のふくらみに耐えることができる肌を作ることが大前提ですので、使い心地以外の3つの効果を網羅できる妊娠線クリームがおすすめです。

 

おすすめの妊娠線予防クリームランキング

妊娠線予防の為に必要な成分をたっぷりと配合した人気妊娠線クリームをランキング形式で紹介しています。お金をかけすぎてもいけませんが、コストばかりを気にしていたら妊娠線予防を完璧に行うことはできません。しっかりと自分で納得のいくクリームを見つけてみてください。

ベルタ妊娠線クリーム

 

 

 

 

妊娠線予防の鉄板のクリーム!海外でも妊娠線予防の実績のある「シラノール誘導体」を配合。妊娠時の肌トラブルに有効な成分がたっぷりと含まれています。また、高品質な美容成分「スーパーヒアルロン酸」「馬プラセンタ」「マリンコラーゲン」を惜しみなく配合することにより、肌に最高の潤いと栄養を与えながら細胞一つ一つを活性化ターンオーバーを促進させ肌の成長をどんどん進めていってくれます。この有効成分を支えているのは肌への浸透率を高めるアミノ酸とビタミン5種。肌の奥底まで有効成分をしっかりと浸透させてくれます。極めつけは妊娠時にいい効果を与えてくれる葉酸です。葉酸の力で肌全体をイキイキと活性化させてくれます。こんなに妊娠線予防に必要な成分が詰まっているのはベルタ妊娠線クリームだけ!お客様サポートも充実しており、ちょっとした不安も出産を経験したスタッフが親身になって対応してくれます。

こだわりの成分とサービス
・シラノール誘導体  ・プラセンタ ・スーパーヒアルロン酸 ・マリンコラーゲン
・ビタミンとアミノ酸5種  ・葉酸  ・無添加無香料  ・お客様サポート      

価格

容量

評価

通常6,980円

初回限定500円

 

約1ヶ月分

 

 

AFCストレッチマーククリーム

 

 


 

女性100人の声から作られた妊娠線クリーム

 

葉酸の力で肌をイキイキとさせてくれる

 

べたつかない使い心地抜群のクリーム

NOCOR

妊娠線予防クリームはいつから使えばいいの?

 

 

 

繊維芽細胞の力で細胞を支える。ターンオーバーの促進!

 

新型ビタミンC誘導体の力で浸透力250倍!

 

妊娠線を消せる妊娠線ケアクリーム!

 

保湿クリームでは不十分?

妊娠線予防クリームって意外と値が張りますよね。高いからといって保湿クリームで補っている方も多くいるかと思います。ですが、妊娠線予防は保湿クリームでは不十分なんです!

 

妊娠線の予防法として保湿することはとても重要なことです。ですが、妊娠線ができてしまう原因は保湿だけでは補えません。妊娠線はお腹のハリに耐え切れなくなった肌が裂けてしまうことによってできてしまいます。ということは、水分をたくさん含んでいても、肌に隙間が多かったり、ひとつひとつの細胞同士のつながりが弱かったりすると肌は裂けて妊娠線はできてしまうんです。

 

となると妊婦さんに必要になってくるのは肌を成長させ、肌の隙間を埋めること!隙間が埋まれば細胞のつながりも強くなります。弱ってしまった肌のターンオーバーを促進させて肌自身を強くしていかなければなりません。

 

ここまでくれば保湿クリームでは予防が不十分なことはわかっていただけたと思います。しっかりと肌を育てて妊娠線を作らない為にも妊娠線予防専用クリームを使うようにしましょう。

 

*妊娠線はお腹だけではなく足やバスト、わきの下などにもできてしまいます。ケアはお腹だけではなく、妊娠線ができる可能性のある部位全体に行ってください。

 

妊娠線に関するコラム

妊娠線予防はクリームを使っていれば絶対にできないと言うものではありません。予防の為にはクリームを使うほかにも妊娠線が出来ないようにしっかりと対策をしておく必要があります。そんなクリーム以外の妊娠線予防対策や、なんで妊娠線予防を早めにしておいたほうが良いのかなどの妊娠線に関わる情報を紹介しています。

 

妊娠後期からでは遅い

妊娠線対策は妊娠後期から始めるのでは間に合いません。妊娠線防止クリームは、妊娠線が出来始めるころまでにしっかりと肌をお腹のふくらみに耐えれるようにするものですので、妊娠後期からのケアでは妊娠線が出来てしまう可能性は高いと言ええます。ですが、妊娠後期から妊娠線クリームを使ったケアをすることが無駄だというわけではありません。妊娠線クリームを使ってケアをしっかりとしていれば仮に妊娠線が出来たとして、妊娠線が消えるスピードを早くすることが出来るからです。肌の調子が良くなれば肌のターンオーバーの周期もしっかりとしたものになりますので、皮膚の回復が早くなります。妊娠中のママの肌はとても元気なものとはいえません。早めの妊娠線予防ケアでママの肌を元気にして妊娠線を作らないことも大切ですが、出来てしまった妊娠線を早く消す為にも妊娠後期からでも妊娠線クリームでしっかりとケアをしましょう。

 

ケアは早ければ早いほうがいい

一般的に妊娠線予防対策はつわりの終わる4ヶ月〜5ヶ月頃から開始したほうが言いといわれています。ですが、肌の調子を整えるのには時間がかかるので、妊娠線ケアは早ければ早いほど良いといえます。出来るならば妊娠初期から行ってほしいですし、無理そうなら安定期に入ってからでもかまいませんが、出来るなら妊娠中期に差し掛かるころには開始して妊娠線を作らないようにしたいですね。

 

オイルでの保湿は難しい

妊娠線を作らない為にオイルでケアをしている方も多いと思います。ですが、オイルは肌の水分を補充する機能がないってご存知ですか?オイルは肌内部にある水分を外に逃がさないようにする効果しかありません。なので、朝起きたときにオイルを塗ってもほとんど効果がないんです。妊娠線を予防するなら肌の水分を補填して保湿ができるクリームを使うことをおすすめします。

 

保湿クリームだと妊娠線は予防できません

妊娠線の予防方法として保湿クリームをおすすめしている先輩ママ方がいますが、保湿クリームでは妊娠線は予防できません。妊娠線を予防する為には皮膚の皮下組織である真皮の成長を促して上げなければいけないからです。普段の乾燥を防ぐスキンケアに使うハンドクリームやボディクリームなどの保湿クリームは皮膚の表面の表皮にしか浸透しないので、真皮には何の影響も与えてくれません。妊娠線は何もしていなくても出来ない人や、しっかりと予防をしていても出来る人がいます。もし保湿クリームで妊娠線が出来なかったといっている方がいたら、それはその人が妊娠線の出来にくい体質だったと思ってください。

 

体重の増加には注意して

妊娠線や肉割れなどの線状斑となる脂肪線は肌が急激に伸びたときやしぼんだときに表れます。妊娠線も、赤ちゃんの成長がとても早い為にお腹が急激に膨らむことで出来てしまうものです。ただでさえ赤ちゃんの成長で膨らんでしまうお腹は急激な体重増加が加わってしまうとなおのこと妊娠線が出来やすくなってしまいます。なので、妊娠中の急激な体重増加には気をつけましょう。*赤ちゃんの成長に栄養は必要なので、ダイエットをすることは絶対にやめてください。あくまで妊娠中の体重増加を10s前後で留めるくらいの気持ちで大丈夫でです。

 

妊娠線クリームで肌トラブルは改善します

妊娠中は肌が乾燥してさまざまな肌トラブルを起こしますよね。乾燥肌だったり敏感肌だったり。。。でも安心してください。妊娠線クリームでそんな肌トラブルは解決できるんです。妊娠線クリームはそのほとんどに補水機能と保湿機能を持っています。なので、乾燥から来る肌トラブルはどんな妊娠線クリームを使ってもほぼ解決します。でもオススメなのは美容成分を含んでいる妊娠線クリームです。美容成分が含んでいるということは肌の調子を整える機能があるということです。肌の機能がしっかりと回復すれば肌トラブルは起きませんから、万事解決ですよね。ある程度の肌トラブルは妊娠線クリームで解決できることを知っておいてください。

妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線クリームは高すぎるから効果がある。安すぎるから効果がないと言うことはありません。
肌の伸縮性を良くするための成分がバランスよく配合されており、刺激が少なく、使い続けることができるかどうかがクリームを選ぶときに重要なポイントです。
選び方の指標には様々なものがありますが、妊娠線は一生消えることはありません。しっかり自分の生活との折り合いを付けることと、効果がどれくらいあるクリームなのかということを吟味して、後悔を生まないようにしたいですね。

 

妊娠線についてはこのサイトでより詳しく紹介をしています。
参考:妊娠線を防止するクリームのおすすめはどれ?


このページの先頭へ戻る